西光寺(山梨県上野原市)

臨済宗建長寺派1等地 熊埜山 西光寺です。

今回は11月14日から17日までの日程で12名のメンバーです。
朝8時半にベースキャンプで打合せを行い、一日の作業の確認を行います。その後、グループに分かれて夕方5時くらいまでそれぞれ作業を行います。今回は4日間とても天気が良く仕事がはかどりました。」
027
 朝の打合せの様子です。

最終日に伺ったのは特に被害の大きかった道目木地区です。
この地域では村全体に土砂が流れ込み、4名の尊い命が失われてしまいました。
039
公民館は半分が流されてしまったそうです。
ここで被災された方々の御冥福と、復興をご祈願しお経をお唱えしました。
047
道目木地区の方も避難所からわざわざお越し頂きました。
053
この日は最終日だった為、午前中のみの作業でしたが、流木の撤去作業、埋まった墓石を掘り起こしたり、柿の木畑の土砂を撤去したり作業をさせて頂きました。
059
 4日間という短い間でありましたが、改めて自分の目で被災地を見させて頂きました。
復興までまだまだ時間がかかると思いますが、それでも被災者の方々の前向きで明るい笑顔を見て必ず復興出来ると確信しました。
また機会を作ってお手伝い来させて頂きます。 

昨年10月に熊本に伺ってから久しぶりのボランティアに参加させて頂きました。
今回は今年7月、福岡県、大分県を中心とする九州北部で発生した集中豪雨で被災した方々のお手伝です。西東京の臨済宗の僧侶を中心としたボランティア団体、臨坊(りんぼう)さんの一員として参加させて頂きました。 
003
福岡県朝倉市にある復興ベースに行くと、全国から集まっているボランティア団体の方々、またちょうど一週間前に発足した地元朝倉市のボランティア団体の方々の皆さんと朝倉市を中心に復興のお手伝いをさせて頂きました。
002
 土砂災害でこの近くの方々は避難所生活を余儀なくされておられるそうです。
025
3か月が経過し、水道、電気、主要道路などは行政を中心にだいぶ回復してきたそうですが、自宅の土砂撤去作業や畑や田んぼなどボランティアなどがお手伝いさせて頂ける仕事はまだまだあります。
010
段々畑は固い土砂で埋まってしまいました。
011
初日、二日目は臨坊のメンバーと一緒に自宅に入った土砂の撤去のお手伝いをさせて頂きました。
 029
一緒に行った、大月の福泉寺さんです
021
仕事を終え、近所のお爺ちゃん、お婆ちゃんと記念撮影です。
お土産に朝倉市の名物の柿を頂きました。

西光寺、光禅寺、威光寺の大施餓鬼供養會を厳修いたしました。
150
 季節外れの台風が接近し、寒く冷たい雨の降る悪天候にも関わらず多くの方々にご登山頂き、臨済宗建長寺派山梨一部の和尚様方、また西光寺と縁深い和尚様方と共に、壇信徒の皆様方のご先祖(私達が生かされている中で、縁ある者、ない者全ての方々)のご供養を執り行わせて頂きました。
151
 まず、西光寺、光禅寺、威光寺のご詠歌講による施餓鬼和讃をお唱えして頂きました。
153
 つづいて、昨年に続き臨済宗建長寺派布教師・伊勢原の能満寺和尚様より施餓鬼和讃についての法話をお聞きしました。
154
今年は西光寺閑栖和尚、住職を含め16名の僧侶方が出頭し、ご供養させて頂きました。
157
 来年も多くの方々にご登山頂きますようお願い申し上げます。

施餓鬼供養会のご案内
日時 平成29年10月28日(土)
   午後1時開式(受付は12時)
ご先祖様のご供養を執り行わせて頂きます。
多くの皆様にご参加頂きますようお願い致します。
IMG_0821
 ※駐車場は旧平和中学校をご利用ください。
※建長汁、酒饅頭などご用意してあります。是非お召し上がり下さい。
※今年も東日本大震災、熊本地震の復興市場を開催致します。 

「暑さ寒さも彼岸まで」と申しますが、暑い夏も終わり朝晩はずいぶんと涼しくなって参りました。
まもなく秋のお彼岸を迎えます。
彼岸は春と秋の2季あり、それぞれ春分の日、秋分の日を挟んでそれぞれ1週間を彼岸と言います。彼岸は仏教用語で「悟りの世界」と申しますが、皆様もそれぞれご先祖様のお墓参りなどに伺う事と思います。

そもそもなぜ先祖供養をこの時期に行うのか?
それは仏教の教えでは彼岸の世界(極楽浄土)は西のかなた10万億土の先にあると言われ、太陽が真東からあがり、真西に沈むこの時期は極楽浄土の方向がはっきり分かることから古来より、先祖の霊を供養したりとしたそうです。是非そう信じてご先祖様の供養、亡き方のお墓参りをして頂きたいです。
028
 西光寺の門の前にも、この時期に合わせて彼岸花が咲きました。

今年も、夏休みに寺子屋・くらりか理科教室を行いました。
今年も多くの子どもたちが参加してくれました。
005
東京工業大学の卒業生でつくる団体、蔵前理科ふしぎ不思議というボランティア団体の方々が、今年も大阪からお越し頂きました。
今年は 固形燃料で動かす、水蒸気ジェット船です。
008
 先生の話を聞きながら、女の子たちも一生懸命作業をします。
約30分程でみんな船が完成しました。
014
 自分で作った船を本堂の前のプールで動かして遊びます。
016
 
最後は今日の為に檀家さんから頂いた大きなスイカを皆で食べました。
025
 

まもなくお盆です。
皆様もご先祖様をお迎えにお墓参りに伺う事と思います。

ご先祖様の眠るお墓を綺麗にし、花をお供えし墓前に手を合わせ、亡き方を心静かに偲ぶ事は、私達も自分の拠り所に触れ「生きる」重さを感じる事と思います。

日本では今、一番暑い8月ですが、8月と言いますと広島・長崎の原爆忌に始まり、12日は日航機の墜落事故の追悼式、15日は終戦記念日。そして13日から16日のお盆と、それぞれ尊い命について向き合う気持ちの募る月でもあります。
私達もご先祖様のご供養だけでなく、この平和な世の中に生かされている事に感謝をし、本来日本人が生まれながらに持っている誠実な心、純粋な心を振り返る時間となればと感じます。


また、西光寺談合坂霊園の裏参道に門が完成しましたのでご報告致します。
039
お寺にお参りにお越し頂く方々。是非お気をつけてお参りください。
041





 

↑このページのトップヘ